張 舒菁 Chang su ching

張 舒菁 Chang su ching

笑顔は、最高のパワーになります。いつでも、どこでも、誰が相手でも。

Chapter 01代表に直談判して入社!

代表に直談判して入社!

現在の仕事内容をお聞かせください。

海外事業部で、ソリッドの海外展開を推進しています。代表の成田や部長の椿と協力して海外事業部の活動をしています。私はこの会社に入社した初めての外国人なので、海外向けの事業をゼロから少しずつ創り上げて、業績をどんどん上げていきたいと思っています。

なぜソリッドに入社を決めたのですか?

前の会社の関係で出席した会議で、初めて代表の成田と会いました。すごくやさしそうな顔で、「お父さんみたい」だな、っていうのが第一印象でした。そこでソリッドについて話を聞かせてもらったんです。「うちの会社はとても楽しいよ。他の日本の不動産会社とはちょっと違う、堅い感じじゃない」と言っていて、いいなと率直に感じました。あと、「将来は海外事業部をつくる計画もある」とも言っていたんです。それがすごく印象的だったので、前の会社を辞めたときに「ソリッドに行こう」と思って、成田に「入社させてください、お願い!」と直談判しました。

職場はどんな雰囲気ですか?

ソリッドはそんなに大きくなくて人数は40人くらいです。私としては、一番いい人数かなと思っています。代表はお父さんみたいで、プライベートのこともみんなでシェアするくらい、みんな仲がいいです。

Chapter 02笑顔が最高のパワー

どんなときにやりがいを感じますか?

海外で、自分の強みを生かせたと感じるときです。海外だと、物件を案内するときや説明をするときには通訳をしなきゃいけません。観光をするときにも、言葉が通じないと、買い物も思い通りにはできませんよね。いつだったか、日本のオーナー様を海外でご案内したときに、ルームサービスのような電話にとっさに対応することができて、その方を助けることができました。ソリッドの一員としてはまだまだ大きな貢献をしていませんが、そのときは、こういうふうに役に立つこともできるんだと感じることができました。

どんなときにやりがいを感じますか?

仕事をするうえで大切にしていることはどんなことですか?

笑顔でいることです。笑顔は最高のパワーになります。いつでも、どこでも、どんな状況でも、誰が相手でも。だから、仕事をするときは必ず笑顔でいるように心がけています。

あとは、自分にできる範囲で同僚にやさしくしたり、できる範囲で助け合ったりするようにしています。会社に海外のオーナー様から問い合わせがあったときには通訳をしますし、海外の習慣や地域に関する情報、文化などを自分の意見も交えながら伝えています。日本と海外では、大小いろいろな差があるので、そこに気を付けて説明するようにしています。

後輩にいろいろ教えてあげたい!

Chapter 03後輩にいろいろ
教えてあげたい!

これからの目標をお聞かせください。

私はまだまだ入ったばかりですが、これから教える立場になったときのために、新人訓練の制度ができたらいいなと思います。ソリッドは定着率が高いのですが、一般的には不動産業界って離職率が高いんです。でも私は離職が嫌いです。せっかく知らない人同士が知り合ったのに、まだ付き合いが浅いうちに辞めてしまう。それが本当に嫌なんです。だから、私が先輩になったら、後輩をいろんなところに連れていってあげたり、丁寧に仕事を教えてあげたりしたいです。

椿 慎次(賃貸管理部)

椿 慎次(賃貸管理部)

仲間からの印象

うちの会社で一番度胸があります。物怖じしないし積極的。芯のある強い女性ですね。ガンガンいってほしいって感じです。ビジネスのパートナーとして、すごくいいと思います。

インタビューを見る

中沢 英輝(企画開発部)

富澤 寛一(企画開発部)

仲間からの印象

部署が違うので関わりは少ないですが、普段の会話を聞いているだけでもすごく努力をしていることがわかります。海外の考え方と日本の考え方をどちらも持っていて、それを柔軟に発揮してくれていると思います。

インタビューを見る

利根川 諒志(売買営業部)

利根川 諒志(売買営業部)

仲間からの印象

頭の回転がすごく早い。ピシッとしてるし、しっかり芯が通っている感じがします。

インタビューを見る