利根川 諒志

利根川 諒志

不動産は〝ナマモノ〟。今日だけの出会いかもしれません。だからこそ、その一回に全力を尽くすんです。

Chapter 01不動産会社として
はかなり珍しい社風です

不動産会社としてはかなり珍しい社風です

現在のお仕事内容をお聞かせください。

売買営業部という部署で、不動産投資をお考えの方に一棟投資物件のご紹介を行っています。一戸単位ではなく、アパートやマンションといった、一棟まるごとの投資物件を取り扱っています。

ソリッドに入社したきっかけは?

前職でも住宅の売買仲介を行っていて、前々職では賃貸と管理の業務に就いていましたので、こうした不動産経験が活かせるのではないかと思って入社を決めました。

職場はどんな雰囲気ですか?

一般的に不動産の営業というと、男性ばかりの職場でガツガツしたイメージをお持ちの方も多いと思います。ですが、ソリッドは代表の成田がもともとそういったイメージの不動産会社出身で「そのイメージを変えたい」「女性が働きやすい会社にしたい」ということではじめた会社なので、一般的なイメージとはちょっと違うと思います。うちは女性の営業もたくさんいますし、かなりアットホームな雰囲気でやっていますね。不動産会社としてはかなり珍しい社風だと思います。

Chapter 02自分で仕事の
やり方を決められる

どんなことが仕事のやりがいになっていますか?

自分なりに仕事を組み立てていけるところです。僕の場合、前職では仕事は「与えられるもの」という感じでしたが、ソリッドでは「自分の仕事は自分で作る」のが当たり前。会社から与えられるのは、仕事ではなく、時間とパソコンだけです。だから、どうやって仕事を進めていくのか、どうお客様と接していくのかを自分で決めなきゃいけない。別の言い方をすれば、仕事のやり方を自分で決められるんです。だから、うまくいかなかったときは納得できるし、うまくいったときは余計にうれしい。毎日の仕事にすごくやりがいを感じます。

自分で仕事のやり方を決められる

それから、一棟投資物件を扱うこともやりがいがあります。一棟投資は、「区分」とは違い、土地も建物もオーナー様のものになります。修繕やリノベーションの詳細ももちろん、オーナー様が決めます。また、空室リスクを分散できたり、税務上のメリットが大きくなったりもしますし、当然見返りも大きくなります。一棟投資は、より不動産投資のダイナミズムを味わっていただける選択なので、提案するほうも力が入りますし、うまくいったときはオーナー様と分かち合うよろこびもひとしおです。

Chapter 03「愛」のある接客・
心づかいを

「愛」のある接客・心づかいを

仕事をやり遂げるうえで大切にしていることはどんなことですか?

とにかく、“一回”に全力を尽くすことです。一棟投資というのはやっぱり大きな買い物ですので、どんなによい物件をご紹介しても、その場ですぐに「買います」とはなかなか言っていただけません。

でも、不動産というのは“ナマモノ”です。今日ご紹介した物件が、明日にはもうないかもしれない。今日だけの出会いかもしれないんです。だからこそ、そのタイミングに自分ができることをとことん考えます。お客様に満足のいく物件を安心してご契約いただくのは、僕たちの対応にかかっていますからね。最初にお会いした段階で、想定できるかぎりの準備をして商談に臨むことがすごく大事かなと思っています。

全国展開の軸となる人材に

Chapter 04全国展開の軸となる人材に

将来の目標・ビジョンをお聞かせください。

今、ソリッドの事業は一都三県で展開していますが、そこにこだわる必要はないと考えています。たとえば、大阪や京都、名古屋といった地域にもよい商品があるはずなので、関東にかぎらず広いエリアを扱えるように展開していきたいですね。将来的に自分がどういったポジションで携わっていくのかはまだ分かりませんが、はじめるとなれば結果を出すつもりです。しっかり利益を上げて、三鷹の本店に頼らない一つの会社として、もっと大きくしていきたいですし、そのための軸になる人材でありたいと思っています。

椿 慎次(賃貸管理部)

椿 慎次(賃貸管理部)

仲間からの印象

クールな感じがかっこいいと考えている、ソリッドの若きスター。と言いつつも、実はすごく真面目。嘘がつけないんです。いいものはいい、悪いものは悪いと、正直に言わないと気が済まない芯の強さがあります。猪突猛進すぎるところもありますが、主任という役職をもらってから一皮むけて大きく成長したように感じます。

インタビューを見る

富澤 寛一(企画開発部)

富澤 寛一(企画開発部)

仲間からの印象

不思議な魅力があります。一見おおざっぱな印象を受けるんですが、すごく深いことも考えているなと感じますし……惹きつけられます。でも、やっぱりいい加減な部分も多いかな(笑)。

インタビューを見る

張 舒菁(海外事業部)

張 舒菁(海外事業部)

仲間からの印象

最初に会ったときには、ちょっと「チャラい」人だなと思いました(笑)。でも、実際は全然そんなことなくて、主任になり自分のチームも持つようになって、実はすごく頼りがいのある人だと感じました。将来すごいことができる人だろうなって思います。

インタビューを見る