富澤 寛一

富澤 寛一

主体的に動くことで会社から認められ、周りから求められることも多くなりました。それがモチベーションにも繋がっています。

Chapter 01高いハードルこそ
“やりがい”

高いハードルこそ“やりがい”

現在のお仕事内容についてお聞かせください。

企画開発部という部署で、不動産の仕入れをしています。

例えば自社物件として仕入れる場合、お客様が売却を希望している物件情報を、業者訪問や電話営業をして入手します。 そしてその物件の収支計算をし、収支が合えば自社で仕入れ、修繕をしてまた新しい方へ再販をしていきます。なかなか収支が合わないので、そこがとても難しいところですね。

それ以外では、今売却中の情報を社内で共有して、新しい買い主へ仲介という形で携わっていきます。

一日の流れとしては、朝礼後、メールチェックして、進捗中の案件の情報チェック、問題発生した場合は関係部署と調整、その物件を買い取るかどうかの判断を日々行っています。また、物件調査で外出したり、業者さんと細かい内容の打ち合わせに行ったり、新規の繋がりを開拓するために業者訪問したり、電話をかけたりしています。

仕事のやりがいを教えてください。

仕入れる物件は何でもいいというわけではありません。収支に合うもの、銀行融資が通るもの、お客さんの条件に合うものなど、物件を仕入れることはそもそもハードルが高いです。その中で条件にあったものを見つけて、またそれがうまく契約まで行けた時はとてもやりがいがあります。

富澤さんの強みはどんなところですか?

見た目より年齢が高く見られること。(笑) 年齢を言わなければ落ち着いて見られるし、年齢を言うと「若いねー」と話しのネタになるし、これはいいギャップだと思います。 あとは基本的に物事にあまり動じないとこですかね。

Chapter 02バランスの取れた職場

バランスの取れた職場

職場の雰囲気はいかがですか?

営業なので殺伐とした雰囲気なのかなって思ってたんですが、全然そんな雰囲気ではなかったです。営業一人ひとりが、それぞれにプライドを持って仕事してるなと感じました。 その中で連携を取るところは取るし、意外とアットホームな職場だなと思いました。 売買営業は個人、賃貸管理部はチームという感じが強いです。幹部陣もいい意味で同じ目線に立ってくれていると思います。

主体的に動く

Chapter 04主体的に動く

将来の目標・ビジョンをお聞かせください。

入社した時から、何に対しても主体的に動こうと思ってやってきました。入社1年で主任になり、周りからも求められることも多くなったので、大きく環境が変わったと思います。 今後は下の人たちをどんどん育てて、自分がなにもかもやらなくても、仕事が回るようにしていきたいです。 ゆくゆくは自分も収益不動産を買いたいと思っています。悠々自適に暮らしたいです。(笑)あとは生まれ育った八王子をもっと盛り上げて、発展させたいですね。

椿 慎次(賃貸管理部)

椿 慎次(賃貸管理部)

仲間からの印象

若くして次世代を担う、期待のリーダーです。頭の回転も速く、社交性もあり、魅力のある人間です。なによりもお客様第一で考えられるナイスガイ。

インタビューを見る

張 舒菁(海外事業部)

張 舒菁(海外事業部)

仲間からの印象

若いのにしっかりしていて、年下なのにとても頼りがいがあります。

インタビューを見る

利根川 諒志(売買営業部)

仲間からの印象

一見「ポーカーフェイス」と思わせつつも、話していると引き出しも多く、噛めば噛むほど味の出てくる“スルメ”タイプ。優しい1児のパパでもあります。

インタビューを見る