スタッフブログ

貸家向け融資

2016.12.12 成田仁のゴールドラッシュ!! 融資/ローン

s25

現状、銀行の貸し出しでは、不動産向け融資、(業者向けと、貸家向け)融資が圧倒的な伸びを示しています。

ここで、金融庁から各金融機関向けに「大丈夫!?不味いんじゃないの」のクレームです。
急速な縮小はしないと思いますが、徐々に引き締めの方向に向かっていく事は間違いないと思います。

最初に来るのは、担保評価の厳格化です。
同じ物件でも、多くの自己資金を求められる事になって行きます。
確かにその後には、価格の値下がりが来る可能性が大きいのですが、その時には融資は更に厳格化され、
豊富な現金をもった人のみが買えるマーケットになります。

安定的な家賃が入ってくる収益物件は、やはり「買える時が、買い時」と言うのがセオリーのように思います。

代表取締役社長成田 仁

代表取締役社長 成田 仁

最近の記事