スタッフブログ

外国人の入居は難しい?

2017.02.06 賃貸管理

s31

私は2008年に留学生として来日しました。
家を借りるとき、先ず「外国人に貸しますか」という質問から始まります。
台湾出身なので、他の国の留学生よりオーナー様の許可を得られ易かったです。

最近、外国人留学生が増えてきているので、外国人への対応もできるようになってきたようです。
また、外国人向けに多言語で対応できる会社や外資系不動産会社なども増えているようです。

外国人は、家賃の滞納・マナーが悪くて、近所迷惑などの苦情もよく耳にします。
外国人に貸すか否かという問題を抱えているオーナー様も、少なくないようです。
国によって価値観や常識が異なり、しばしばトラブルが発生しますが、
外国人の入居は全くメリットがないとは限りません。
日本に滞在する外国人の目的は、ビジネスや留学が一番多く、
どの目的であろうとも安定的に住めるところを見つけることが何より先決です。
しかし、外国人を敬遠するオーナー様が多いようで、部屋を見つけるまでに、外国人は非常に苦労しています。
そのため、一度借りたら転々と引越はしません。このため、家賃滞納はしません。
また、外国人は借りるのが難しいので、外国人向けの物件に対しては、問い合わせが多いと見られます。

外国人は価値観が異なるため、入居前に管理会社が入居から退去までの流れや日常生活において、
よくあるトラブルについて予め教えてあげることで、トラブルが減少できるのではないでしょうか。
空室に外国人を入居させるかどうか悩ましい問題でありますが、その外国人が優良かどうか見極めることも必要でしょう。