スタッフブログ

空室対策について

2017.05.16 賃貸管理

s47

今回は賃貸物件の空室対策について考えてみたいと思います。
賃貸物件で集客する方法として、【家賃を下げる】【敷金礼金を無しにする】など、
費用面での変更をまず浮かべる方が多いかと思います。
確かにこれらを行うことにより、一時的に注目され、お客様に申し込みされやすいお部屋になる事は間違いありません。
しかし、費用面ばかりを気にされて入居されたお客様の中には、
【短期間で退去する】【家賃を滞納する】等、入居されてからの問題が発生する場合が多々ございます。

短期間で入退去を繰り返してしまうと、広告費や原状回復費など、オーナー様の費用負担も増えてしまいます。
それらを防ぐ為には、優良な一人の入居者に長期間住んで頂く事が理想的です。
そこで、当社の推奨している『COREDERコレデル』のご紹介をさせて頂きます。

『COREDERコレデル』では、お部屋一つ一つにコンセプトを持たせることで、
お客様に長く住み続けたいと思われる様なお部屋作りを実施しております。
当社デザイナーによる、周辺環境・建物の外観・利用駅の状況・家賃相場等の調査を行い、
一つ一つのお部屋に合うコンセプトの提案をさせて頂いております。

お部屋のコンセプトに惹かれて入居されたお客様は、長く住む傾向にございます。
何故なら、他でそういったお部屋を探しても、中々見つからない為です。

『COREDERコレデル』を実施することにより、優良なお客様に長期間住んで頂ける空室対策を行ってみては如何でしょうか。

【実績例】
『COREDERコレデル』 https://www.solid-s.co.jp/coreder/

【管理相談】https://www.solid-s.co.jp/kanri/