スタッフブログ

建物の清掃業務について

2018.10.10 賃貸管理

s152

ここ最近、台風による被害や影響に関するニュースを多く目にしますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
当社でも「雨漏れ」や「バルコニーの仕切戸が割れてしまった」などの被害報告を受けています。
最新の気象情報は注意して見て頂き、くれぐれもお気をつけてお過ごしください。
災害続きですが、穏やかな日々を送れることを祈るばかりです。

さて今回は、建物の清掃業務についての話しです。
お住まいのお客様が気持ちよく居住して頂くには、清掃業務は非常に大切です。
また、空室で募集中のお部屋があれば内覧される際に一番に目につくのは、建物の共用部です。
ゴミの散乱や、廊下に埃・蜘蛛の巣が溜まっていたら、内覧されるお客様にも悪い印象を与えてしまいます。

清掃業務には、下記のように、日常清掃と定期清掃の2種類があります。

① 日常清掃
マンション・アパートの共用部の拭き・掃き掃除等の日常的な清掃作業。
② 定期清掃
ポリッシャー等で薬品を用いた機械清掃作業。

どちらの清掃業務も物件の状況に応じて適切な清掃のサイクルをご提案させて頂きますので、お気軽にお問い合わせください。
例えば、週1回は日常清掃を行い、年末に建物の大掃除として定期清掃を実施するというのでも良いと思います。

マンションの清掃業務は建物の美観を高めるだけではなく、既存入居者、新規入居者への印象も良くなります。
また、清掃は建物のプロの方に行って頂くので、冒頭の台風等がある前に事前に危険な部分や修繕しなければいけない部分を把握して被害を最小限にできる事もあります。

まだ建物の日常清掃や定期清掃を実施していなければ、是非、御検討してみて下さい。
快適な住環境を提供出来るよう努めさせて頂きます。