スタッフブログ

アパート経営をしている人! していない人

2019.04.10 不動産投資

s186

だいぶ暖かくなりまして、過ごしやすい気候になってきましたね。
私は相変わらず花粉症に悩まされる毎日を過ごしております。

さて最近(ここ1年~1年半位)、アパートローンの審査が非常に厳しくなり今までのようにサラリーマン投資家が少額の自己資金で物件を購入することが難しくなってきております。
お問い合わせいただくお客様からは「あの時に買っておけば・・・」という声もよく聞きます。
(時代は常に繰り返しておりますね! 買いづらい時代になると本当によく耳にします)

私は物件を数棟所有させて頂いており、家賃収入が安定して入ってきているのですが、改めて本当に物件が持てて良かったと感じております。

給与収入があり、不動産収入により毎月プラスの手取りもあり、不動産自体の借り入れは着実に減らせてきており、しっかりと資産になっていきます。
私は今現在の事も老後の事もあまり不安はありません。(しいて言うならば、不安は健康面だけでしょうか!)

いつの時代も、買いやすい時期は「もっと安い物件、もっといい場所、もっといい利回りが欲しい・・・」と話が出ます。

私が買う時は特別な条件で買っているわけではありません。
まず、自分で考える総額(自己資金がいくら使えるかと融資の想定額)
そして物件の条件(沿線や駅、徒歩距離や立地、戸数や築年数、構造とランニングコスト)の希望を決めるのですが、ポイントは「大まかな希望条件を決め、次に絶対譲れない条件を決める事」です。
そして、現実的に買える条件(自己資金と銀行)が揃ったら、スパッと買うのが良い買い方だと私は思っております。
(もちろん物件内容の調査はしっかりと行いますよ!)

社員からは「せっかく不動産関係の仕事をしているのですから、もっと安いお宝物件がでたら購入すればいいんじゃないですか?」と言われることがありますが、私は身の丈に合った規模、資金計画、物件のバランスと、最低限自分で決めている条件がある程度あえば、即実行で買うように心がけております。
その結果、今ではアパート数棟と区分を数戸持てて、安定した不労収入も得る事が出来て本当に良かったと思っております。

但し、スピードをもってとはいえ、不動産は安い商品ではありません。
スピードをもった決断をする為には、アパート経営を一緒に考えてくれるパートナーが大事です。
そこは是非「ソリッド」にお任せくださいませ。