スタッフブログ

東京の不動産市場は本当に魅力的なのか?

2016.09.15 不動産投資

s5

売買営業部に所属する私は、東京を中心とした関東圏の物件をお客様にご紹介しております。
その中、ふと「本当に東京の不動産への投資は魅力的なのか?」という疑問が頭に浮かびました。
今回は、本当に東京の不動産投資は魅力的であるのかどうかについて考えてみます。

リサーチTODAY「東京の不動産は世界的に魅力がある」(みずほ総合研究所,2016年7月15日,高田創)によれば、
東京と世界の主要都市(ニューヨーク・ロ ンドン・フランクフルト・上海・シンガポールなど)のイールドギャップ(投資利回りと長期金利の差)を比較した上で、東京に優位性があると考察しています。
(東京より優位に立つ都市はフランクフルトと上海となっております。)

この”イールドギャップ”という視点を我々の不動産投資に置き換えると、利回りと融資金利の差となります。
不動産投資におけるROI(投資利益率)に直結する数値です。

また、国内経済の観点でいえば、今年初めから政府が実行したマイナス金利政策が、引き続き不動産投資を後押ししています。
投資不動産向け融資の選択肢が増え、低金利で融資する金融機関も増加傾向にあります。
益々不動産投資への垣根が低くなってきているのではないでしょうか。

以上から、東京は不動産投資をする上で、非常に恵まれた環境であることが分かりました。
現在では融資の門も広く開かれておりますので、不動産投資を始めてみようと考えている方は積極的に動かれてはいかがでしょうか?
私は恵まれた環境の中で、不動産投資をご提案できていることに感謝しながら、修行に励みたいと思います。